弁護士法人リーガルスマイルでは刑事・少年事件の経験が豊富にございます。
弁護士法人リーガルスマイルでは刑事・少年事件の経験が豊富にございます。
弁護士法人リーガルスマイルでは刑事・少年事件の経験が豊富にございます。

刑事弁護は、時間との戦いです。すぐにご相談ください

被疑者として逮捕された場合、 勾留まで最大72時間、勾留の決定から最大20日間の間に検察官が起訴・不起訴を決定することになります。起訴されれば、統計上有罪率が約99%ですが、不起訴となれば前科はつきません。そういった我が国の刑事司法の実態を前提とすれば、起訴か不起訴を検察官が決定するまでの短い間に、充実した弁護活動を行うことが重要です。弁護士のサポートを受けられないまま、時間が経過し捜査が進むと、弁護士が取り得る選択肢も狭まってしまいます。

また、被疑者・被告人は、警察官や検察官という国家権力と一人で戦わなければならないとても孤独な境遇に置かれます。さらに逮捕・勾留されている場合は、慣れない環境での身柄拘束に加え、連日、捜査機関の執拗な取り調べによって、心身共に大きく疲弊してしまいます。そのような状態を放置すれば、やってもいないことを「やった」と自白してしまうおそれもあり、そうなると、その後、当該自白を覆すのは大変な作業となってしまいます。身体的、精神的な負担を少しでも軽減し、国家権力と戦うためには弁護士の早期介入は不可欠といえます。

当事務所では、初動から弁護士が直接お客様からお話を伺い、即日接見対応を行うことで、迅速な弁護活動を提供いたします。また、費用面で相談をためらってしまうことで対応が遅れてしまうことを防ぐため、相談料を無料といたしました。ご家族が逮捕・勾留されてしまった方からの相談は何度でも無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

刑事弁護は、時間との戦いです。すぐにご相談ください

被疑者として逮捕された場合、 勾留まで最大72時間、勾留の決定から最大20日間の間に検察官が起訴・不起訴を決定することになります。起訴されれば、統計上有罪率が約99%ですが、不起訴となれば前科はつきません。そういった我が国の刑事司法の実態を前提とすれば、起訴か不起訴を検察官が決定するまでの短い間に、充実した弁護活動を行うことが重要です。弁護士のサポートを受けられないまま、時間が経過し捜査が進むと、弁護士が取り得る選択肢も狭まってしまいます。

また、被疑者・被告人は、警察官や検察官という国家権力と一人で戦わなければならないとても孤独な境遇に置かれます。さらに逮捕・勾留されている場合は、慣れない環境での身柄拘束に加え、連日、捜査機関の執拗な取り調べによって、心身共に大きく疲弊してしまいます。そのような状態を放置すれば、やってもいないことを「やった」と自白してしまうおそれもあり、そうなると、その後、当該自白を覆すのは大変な作業となってしまいます。身体的、精神的な負担を少しでも軽減し、国家権力と戦うためには弁護士の早期介入は不可欠といえます。

当事務所では、初動から弁護士が直接お客様からお話を伺い、即日接見対応を行うことで、迅速な弁護活動を提供いたします。また、費用面で相談をためらってしまうことで対応が遅れてしまうことを防ぐため、相談料を無料といたしました。ご家族が逮捕・勾留されてしまった方からの相談は何度でも無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

刑事弁護は、時間との戦いです。
すぐにご相談ください

被疑者として逮捕された場合、 勾留まで最大72時間、勾留の決定から最大20日間の間に検察官が起訴・不起訴を決定することになります。起訴されれば、統計上有罪率が約99%ですが、不起訴となれば前科はつきません。そういった我が国の刑事司法の実態を前提とすれば、起訴か不起訴を検察官が決定するまでの短い間に、充実した弁護活動を行うことが重要です。弁護士のサポートを受けられないまま、時間が経過し捜査が進むと、弁護士が取り得る選択肢も狭まってしまいます。

また、被疑者・被告人は、警察官や検察官という国家権力と一人で戦わなければならないとても孤独な境遇に置かれます。さらに逮捕・勾留されている場合は、慣れない環境での身柄拘束に加え、連日、捜査機関の執拗な取り調べによって、心身共に大きく疲弊してしまいます。そのような状態を放置すれば、やってもいないことを「やった」と自白してしまうおそれもあり、そうなると、その後、当該自白を覆すのは大変な作業となってしまいます。身体的、精神的な負担を少しでも軽減し、国家権力と戦うためには弁護士の早期介入は不可欠といえます。

当事務所では、初動から弁護士が直接お客様からお話を伺い、即日接見対応を行うことで、迅速な弁護活動を提供いたします。また、費用面で相談をためらってしまうことで対応が遅れてしまうことを防ぐため、相談料を無料といたしました。ご家族が逮捕・勾留されてしまった方からの相談は何度でも無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

このようなことでお悩みでありませんか?

このようなことで
お悩みでありませんか?

警察から呼び出しを受けた。
身内が逮捕され、どうすればいいか分からない。
自首したいがどうしていいか分からない。
身柄拘束されている家族と話がしたい。
刑事事件を起こしてしまったが、被害者と示談したい。
前科や逮捕歴をつけたくない。
早く釈放・保釈してほしい
執行猶予を取りたい。
身に覚えのない事件で警察から事情聴取されている。
職場に知られないように手続を進めたい。
子どもが事件を起こしてしまった。
少年院送致を回避したい。

警察から呼び出しを受けた。
身内が逮捕された。どうすればいいの?
自首したいがどうしていいか分からない。
身柄拘束されている家族と話がしたい。
被害者と示談したい。
前科や逮捕歴をつけたくない。
早く釈放・保釈してほしい
執行猶予を取りたい。
身に覚えのない事件で警察から呼び出された。
職場に知られないように手続を進めたい。
子どもが事件を起こしてしまった。
少年院送致を回避したい。

ひとつでも当てはまった方は、今すぐご相談ください

ご相談いただければ、解決できるかもしれません。

ひとつでも当てはまった方は、今すぐご相談ください。

ご相談いただければ、解決できるかもしれません。

リーガルスマイルが
選ばれる理由

弁護士法人リーガルスマイルは刑事・少年事件で豊富な経験を有しています。
理由その1

多種多様な犯罪類型に対応できる豊富な経験

刑事弁護と一口にいってもその内容は多種多様です。無罪を主張して戦う場合もあれば、量刑を争う場合もあります。罪名が違えば、弁護活動の重点は全く違うものになりますし、同じ罪名でも事件に至るまでの背景事情は様々です。そういった多種多様な刑事事件・少年事件に対応するためには、経験とノウハウが求められ、ただ弁護士であるというだけで充実した刑事弁護ができるわけではありません。

当事務所では、窃盗や覚醒罪等の薬物犯罪などの件数が比較的多い事件から、殺人、放火、強盗などの難事件、オレオレ詐欺、公文書偽造、児童ポルノ、入管法違反のような特殊案件まで、多種多様な犯罪類型を取り扱っており、これまでの刑事事件・少年事件の相談件数も1000件を超えています。また、無罪判決獲得や放火等の難事件で執行猶予付き判決を獲得した実績もあります。これらによって蓄積した経験やノウハウを活かし、捜査機関の対応を予測しつつ、罪名や一人一人のご事情に合わせた弁護活動を提供いたします。

理由その2

土日祝・夜間もOK、迅速に対応いたします

刑事事件・少年事件は、時間が経過するにつれて、警察や検察官の捜査が進んでいきます。早期に弁護士が介入しなければ、警察や検察官の見立てどおりに捜査が進み、取り返しの付かないことになってしまいます。また捜査の状況に合わせて二転三転する状況に適切に対応することも必要です。相談が遅れたために、どう判断していいか分からず、認めたくないことを認めてしまった、という事態にならないよう迅速な対応が求められます。

当事務所では、時間との戦いである刑事事件・少年事件において、迅速な対応が取れるよう相談は、夜間や土日祝でも対応可能です。接見(面会)についても、夜間、土日祝関係なく、必要があれば、随時向かいます。また、初回相談予約のご連絡については、土日祝を含め24時間受付をしています。ご依頼後は、弁護士の直通番号をお伝えしますので、不安な時、状況に変化があった時など、すぐに弁護士と相談することが可能です。

1日でも対応が遅れてしまうと人生が変わってしまうおそれがある刑事事件・少年事件において、弁護士が迅速に対応いたします。

弁護士法人リーガルスマイルでは、土日祝日や夜間であっても刑事事件・少年事件の対応を致します。
弁護士法人リーガルスマイルは、安心の相談料「無料」、また、シンプルで明朗な料金体系を採用しております。
理由その3

安心の相談料「無料」、シンプルで明朗な料金体系

弁護士への相談をお考えの際、一番気になるのは弁護士費用のことではないでしょうか。刑事事件・少年事件は時間との戦いです。費用の不安から相談をためらわれ、初動が遅れることで、状況が悪化してしまうということになれば、刑事弁護を取り扱う一弁護士として無念でなりません。

当事務所では、どのような状況の方でも安心して相談いただけるよう刑事事件・少年事件に関する相談は全て無料といたしました。刑事事件・少年事件に関する相談であれば内容に制限はありませんし、ご本人だけでなくご家族、ご友人などの関係者からの相談も受け付けています。ご本人が逮捕・勾留されているご家族の方からの相談については何度でも無料です。

また、弁護士費用についても、ご依頼いただきやすいよう曖昧さを排除したシンプルでわかりやすい費用体系となっています(詳細は、「弁護士費用」をご覧ください。)。費用体系に記載がない料金が発生する、依頼が終わるまでの弁護士費用の見通しがつかない、などということはありませんのでご安心してご依頼ください。https://legal-smile.jp/wp-admin/post.php?post=99&action=edit#

理由その4

少年事件も注力的に取り扱っています

20歳未満の少年が罪を犯した場合は、少年事件として取り扱われますが、手続がかなり異なるため成人の刑事事件とはまた違った経験・ノウハウが必要となる分野です。処分を決めるにあたっても、どのような事件を起こしたかという点だけではなく、少年の生い立ちや家庭環境などが成人の場合以上に重視されます。また、少年の場合は、成人と比べて捜査に対する防御能力が未熟なことも予想され、弁護士による細やかなサポートが必須です。

当事務所では、成人の刑事事件のみならず、少年事件も注力的に取り組み、これまで100件を超える少年事件に携わっており、様々なノウハウを蓄積しています。これらを活かし、可能な限り軽い処分の獲得を目指すのはもちろんのこと、職場や学校への働きかけや少年と家族とのコミュニケーションの橋渡し役になるなど、更生に向けて少年とその家族に寄り添った弁護活動を提供いたします。

弁護士法人リーガルスマイルでは、少年事件も注力的に取り扱っています
弁護士法人リーガルスマイルは刑事・少年事件で豊富な経験を有しています。
理由その1

多種多様な犯罪類型に対応
できる豊富な経験

刑事弁護と一口にいってもその内容は多種多様です。無罪を主張して戦う場合もあれば、量刑を争う場合もあります。罪名が違えば、弁護活動の重点は全く違うものになりますし、同じ罪名でも事件に至るまでの背景事情は様々です。そういった多種多様な刑事事件・少年事件に対応するためには、経験とノウハウが求められ、ただ弁護士であるというだけで充実した刑事弁護ができるわけではありません。

当事務所では、窃盗や覚醒罪等の薬物犯罪などの件数が比較的多い事件から、殺人、放火、強盗などの難事件、オレオレ詐欺、公文書偽造、児童ポルノ、入管法違反のような特殊案件まで、多種多様な犯罪類型を取り扱っており、これまでの刑事事件・少年事件の相談件数も1000件を超えています。また、無罪判決獲得や放火等の難事件で執行猶予付き判決を獲得した実績もあります。これらによって蓄積した経験やノウハウを活かし、捜査機関の対応を予測しつつ、罪名や一人一人のご事情に合わせた弁護活動を提供いたします。

弁護士法人リーガルスマイルでは、土日祝日や夜間であっても刑事事件・少年事件の対応を致します。
理由その2

土日祝・夜間もOK
迅速に対応いたします

刑事事件・少年事件は、時間が経過するにつれて、警察や検察官の捜査が進んでいきます。早期に弁護士が介入しなければ、警察や検察官の見立てどおりに捜査が進み、取り返しの付かないことになってしまいます。また捜査の状況に合わせて二転三転する状況に適切に対応することも必要です。相談が遅れたために、どう判断していいか分からず、認めたくないことを認めてしまった、という事態にならないよう迅速な対応が求められます。

当事務所では、時間との戦いである刑事事件・少年事件において、迅速な対応が取れるよう相談は、夜間や土日祝でも対応可能です。接見(面会)についても、夜間、土日祝関係なく、必要があれば、随時向かいます。また、初回相談予約のご連絡については、土日祝を含め24時間受付をしています。ご依頼後は、弁護士の直通番号をお伝えしますので、不安な時、状況に変化があった時など、すぐに弁護士と相談することが可能です。

1日でも対応が遅れてしまうと人生が変わってしまうおそれがある刑事事件・少年事件において、弁護士が迅速に対応いたします。

弁護士法人リーガルスマイルは、安心の相談料「無料」、また、シンプルで明朗な料金体系を採用しております。
理由その3

安心の相談料「無料」
シンプルで明朗な料金体系

弁護士への相談をお考えの際、一番気になるのは弁護士費用のことではないでしょうか。刑事事件・少年事件は時間との戦いです。費用の不安から相談をためらわれ、初動が遅れることで、状況が悪化してしまうということになれば、刑事弁護を取り扱う一弁護士として無念でなりません。

当事務所では、どのような状況の方でも安心して相談いただけるよう刑事事件・少年事件に関する相談は全て無料といたしました。刑事事件・少年事件に関する相談であれば内容に制限はありませんし、ご本人だけでなくご家族、ご友人などの関係者からの相談も受け付けています。ご本人が逮捕・勾留されているご家族の方からの相談については何度でも無料です。

また、弁護士費用についても、ご依頼いただきやすいよう曖昧さを排除したシンプルでわかりやすい費用体系となっています(詳細は、「弁護士費用」をご覧ください。)。費用体系に記載がない料金が発生する、依頼が終わるまでの弁護士費用の見通しがつかない、などということはありませんのでご安心してご依頼ください。

理由その4

少年事件も経験豊富
注力的に取り扱っています

20歳未満の少年が罪を犯した場合は、少年事件として取り扱われますが、手続がかなり異なるため成人の刑事事件とはまた違った経験・ノウハウが必要となる分野です。処分を決めるにあたっても、どのような事件を起こしたかという点だけではなく、少年の生い立ちや家庭環境などが成人の場合以上に重視されます。また、少年の場合は、成人と比べて捜査に対する防御能力が未熟なことも予想され、弁護士による細やかなサポートが必須です。

当事務所では、成人の刑事事件のみならず、少年事件も注力的に取り組み、これまで100件を超える少年事件に携わっており、様々なノウハウを蓄積しています。これらを活かし、可能な限り軽い処分の獲得を目指すのはもちろんのこと、職場や学校への働きかけや少年と家族とのコミュニケーションの橋渡し役になるなど、更生に向けて少年とその家族に寄り添った弁護活動を提供いたします。

解決実績

当事務所で取り扱ったことのある事案を、事件類型ごとにまとめています。

」のついている事件は、特に取扱件数も多く、弁護士が得意とする分野になります。

※下記以外の事件についても対応可能な場合がございますので、遠慮なくご相談ください。

当事務所で取り扱ったことのある事案を
事件類型ごとにまとめています。

」のついている事件は、特に取扱件数も多く、
弁護士が得意とする分野になります。

※下記以外の事件でも対応可能な場合がございますので、
遠慮なくご相談ください。

財産事件
財産事件
主な犯罪

万引き、窃盗

詐欺

強盗

横領、背任

ポイント

・財産事件においては、被害回復の有無が処分内容や量刑に大きく影響します。被害額や前科によりますが、示談が成立すれば不起訴が見込めることも多いため、速やかに示談成立を目指します。

・財産犯の背後には貧困等の問題がある場合も多く、生活環境の調整を重視する場合もあります。

財産事件
財産事件
主な犯罪

万引き、窃盗

詐欺

強盗

横領、背任

ポイント

・財産事件においては、被害回復の有無が処分内容や量刑に大きく影響します。被害額や前科によりますが、示談が成立すれば不起訴が見込めることも多いため、速やかに示談成立を目指します。

・財産犯の背後には貧困等の問題がある場合も多く、生活環境の調整を重視する場合もあります。

暴力事件
暴力事件
主な犯罪

傷害

暴行、脅迫

公務執行妨害

器物損壊

ポイント

・金銭賠償のみならず、被害者から許しを得ることが非常に重視されるため、被害者へのケアも行いつつ、示談成立を目指します。

・暴力事件においては、被害者との間で供述が食い違うことも多いため、速やかに状況を把握し、ご依頼者様の供述に間違いがないことを捜査機関や裁判所に主張していきます。

暴力事件
暴力事件
主な犯罪

傷害

暴行、脅迫

公務執行妨害

器物損壊

ポイント

・金銭賠償のみならず、被害者から許しを得ることが非常に重視されるため、被害者へのケアも行いつつ、示談成立を目指します。

・暴力事件においては、被害者との間で供述が食い違うことも多いため、速やかに状況を把握し、ご依頼者様の供述に間違いがないことを捜査機関や裁判所に主張していきます。

3
薬物事件
薬物事件
主な犯罪

覚醒罪取締法違反

大麻取締法違反

その他薬物の使用

薬物の売買、密輸等

ポイント

・再犯率が高い犯罪類型であり、具体的かつ有効な再犯防止策を立てることが重要です。必要に応じて更生に向けた計画を作成し、証拠として提出いたします。

・身柄拘束される場合がほとんどであるため、保釈に向けた活動を行います。

3
薬物事件
薬物事件
主な犯罪

覚醒罪取締法違反

大麻取締法違反

その他薬物の使用

薬物の売買、密輸等

ポイント

・再犯率が高い犯罪類型であり、具体的かつ有効な再犯防止策を立てることが重要です。必要に応じて更生に向けた計画を作成し、証拠として提出いたします。

・身柄拘束される場合がほとんどであるため、保釈に向けた活動を行います。

4
性・風俗事件
性・風俗事件
主な犯罪

痴漢、盗撮

児童ポルノ、売春

わいせつ物頒布

公然わいせつ

強姦・強制わいせつ

ポイント

・示談や被害弁償が量刑上重視されますが、犯罪の性質上、示談することが非常に難しい類型です。罪を犯してしまった場合は、弁護士を通じて反省・謝罪の限りを尽くすことが重要です。

・再犯率が高い犯罪類型であり、罪を犯してしまった本人も依存に悩んでいる可能性もあります。医療機関などにつなぎ、連携して再犯可能性が低くなっていることを主張立証します。

4
性・風俗事件
性・風俗事件
主な犯罪

痴漢、盗撮

児童ポルノ、売春

わいせつ物頒布

公然わいせつ

強姦・強制わいせつ

ポイント

・示談や被害弁償が量刑上重視されますが、犯罪の性質上、示談することが非常に難しい類型です。罪を犯してしまった場合は、弁護士を通じて反省・謝罪の限りを尽くすことが重要です。

・再犯率が高い犯罪類型であり、罪を犯してしまった本人も依存に悩んでいる可能性もあります。医療機関などにつなぎ、連携して再犯可能性が低くなっていることを主張立証します。

5
交通事件
交通事件
主な犯罪

飲酒運転

無免許運転

ひき逃げ、当て逃げ

人身事故、死亡事故

危険運転

ポイント

・近年厳罰化傾向にある犯罪類型であり、反省が不十分であるとみなされないよう実効性ある再発防止策を考えます。

・重大な被害結果が生じている場合、適切な被害者対応ができているかも情状に影響するため、見舞訪問や謝罪方法等について共に協議いたします。

5
交通事件
交通事件
主な犯罪

飲酒運転

無免許運転

ひき逃げ、当て逃げ

人身事故、死亡事故

危険運転

ポイント

・近年厳罰化傾向にある犯罪類型であり、反省が不十分であるとみなされないよう実効性ある再発防止策を考えます。

・重大な被害結果が生じている場合、適切な被害者対応ができているかも情状に影響するため、見舞訪問や謝罪方法等について共に協議いたします。

6
裁判員裁判
裁判員裁判
主な犯罪

殺人

放火

強盗致傷・同致死

ポイント

・裁判員裁判は重大な犯罪が対象になるため、罪を犯してしまった方が精神的に重大な問題を抱えてしまっている場合がよくあります。行為時の精神状態について医学的な見地も参考に、法的な視点から主張立証いたします。

・裁判員裁判の場合、市民である裁判員も判断に参加するため、一般の事件とは異なったノウハウが必要となります。これまで多くの裁判員裁判を手がけた経験を活かし裁判員の心を捉える主張立証を行います。

6
裁判員裁判
裁判員裁判
主な犯罪

殺人

放火

強盗致傷・同致死

ポイント

・裁判員裁判は重大な犯罪が対象になるため、罪を犯してしまった方が精神的に重大な問題を抱えてしまっている場合がよくあります。行為時の精神状態について医学的な見地も参考に、法的な視点から主張立証いたします。

・裁判員裁判の場合、市民である裁判員も判断に参加するため、一般の事件とは異なったノウハウが必要となります。これまで多くの裁判員裁判を手がけた経験を活かし裁判員の心を捉える主張立証を行います。

弁護士費用

当事務所は安心・安全の明朗会計をお約束いたします。
逮捕・拘留されたご家族からのご相談は何度でもご相談料0円(初回相談無料) / 初回接見費用(受任前)33,000円(税)/ 着手金と報酬金合わせて33万円~(税込)

具体的な弁護士費用は、ご依頼いただく事件の内容等に応じて個別にご案内させていただきます。詳しくは「弁護士費用(刑事事件・少年事件)」のページをご覧ください。

弁護士費用

当事務所は安心・安全の明朗会計をお約束いたします。
逮捕・拘留されたご家族からのご相談は何度でもご相談料0円(初回相談無料) / 初回接見費用(受任前)33,000円(税)/ 着手金と報酬金合わせて33万円~(税込)

具体的な弁護士費用は、ご依頼いただく事件の内容等に応じて個別にご案内させていただきます。詳しくは「弁護士費用(刑事事件・少年事件)」のページをご覧ください。

弁護士費用

当事務所は安心・安全の明朗会計をお約束いたします。
逮捕・拘留されたご家族からのご相談は何度でもご相談料0円(初回相談無料) / 初回接見費用(受任前)33,000円(税)/ 着手金と報酬金合わせて33万円~(税込)

具体的な弁護士費用は、ご依頼いただく事件の内容等に応じて個別にご案内させていただきます。詳しくは「弁護士費用(刑事事件・少年事件)」のページをご覧ください。

法律相談のご予約方法

お電話からのご予約

新規ご予約は24時間受付
平日10:00~17:30以外の時間帯は
事務員不在のため、弁護士による
折り返し対応となる場合があります

ウェブからのご予約

ご相談予約フォーム
新規ご相談は24時間受付
新規の「ご相談」「ご依頼」専用
の受付ですので、ご商談その他の
お問い合わせ等はお控えください

公式LINEからのご予約

公式LINEはコチラ
新規ご相談は24時間受付
新規の「ご相談」「ご依頼」専用
の受付ですので、ご商談その他の
お問い合わせ等はお控えください

法律相談のご予約方法

お電話からのご予約

新規ご予約は24時間受付
平日10:00~17:30以外の時間帯は事務員不在のため
弁護士による折り返し対応となる場合があります

ウェブからのご予約

ご相談予約フォーム
新規ご予約は24時間受付
新規の「ご相談」「ご依頼」専用の受付ですので
ご商談その他のお問い合わせ等はお控えください

公式LINEからのご予約

公式LINEはコチラ
新規ご予約は24時間受付
新規の「ご相談」「ご依頼」専用の受付ですので
ご商談その他のお問い合わせ等はお控えください